Close

JCLO

一般社団法人 ジャパンサーキット・レディース

What is JCLO

 一般社団法人ジャパンサーキット・レディース推進機構(JCLO)は「For all Lady‘s Golfers」というスローガンを掲げ、ゴルファー達に試合の機会を与えるとともに、新しい活躍の場を提供していくことを目的としています。また、次世代の育成を行い、ゴルフを通して地域貢献やコミュニティを育みながら、資質の向上を目指すことを目的とし、その目的に資することを事業としています。

Schedule 2019

Search

  • Image
  •   
  • Image
Prev Next
2019/08/19~第5戦・The Road to Success~ Image
第5戦~The Road to Success~

JCLO Challenge Tour~The Road to Success~

ゴルフ倶楽部成田ハイツリー

  播磨 知優

Tournament Information(大会案内)

Tournament Pairing(エントリー&組合せ)

Highlight

  8/19 成田。朝から湿度は、90%近くになり、立っているだけで汗が噴き出す。予報は30度を超え、午後から雨だと言う。それを裏付けるかの様に、どんよりした空の雲は、成田を飛び立つ飛行機と競うかのような速さで動いていく。
ジャパンサーキット・レディース2019~第5戦~
    JCLO Challenge Tour
~The Road to Success~
が、ゴルフ倶楽部成田ハイツリー(千葉県)で、開催された。

  9月3日(火) ~ 9月5日(木)からのプロテスト第1次予選となるゴルフ倶楽部成田ハイツリー。

  テスト時に使用する高麗グリーンに切り替わる日を待っての開催。コースの全面協力でホール毎の距離もテストと同じ状態を作ってくれた。
サブタイトルのThe Road to Successは、成功への道を意味して、参戦する皆が成功できるよう願いを込めて命名したものだ。

  8:30、INとOUTから45名の選手がスタート。
今大会は、各選手スコアを伸ばすことだけ考えてプレーに専念させるために、Webリーダーズボードのシステム供給をしなかった。

  「私には、このグリーンは合わない!」「芝の目を読み違えると、えらいことになる!」そんな声が聞こえ、高麗グリーンとの相性がいい選手と悪い選手とで、大きくスコアに差が出たようだ。

  13:00を回ると続々とホールアウトしてくる。さらに、予報よりも早く、大粒の雨も落ちてきた。早いスタートの組が天候条件は、良かったように思われ、トップは±0で原田葵、吉澤佑月、坂井七奈の3選手。残るは、OUTスタートの最終組。雨の状況から見ても、プレーオフ確実と思われ、キャディマスター室が慌ただしくなった。

  最終組のアテストが終了すると、ホワイトボードには、唯一のアンダーで-2に播磨の名前が記載された。

  見事に、プロテスト前哨戦を制したのは、播磨 知優選手。優勝スピーチでは、2年前に行われた同会場のプロテストで、総支配人に車で送ってもらったエピソードが飛び出し、その総支配人から支配人賞も授与された播磨だった。

  表彰式も終了し各自解散となったが、17時まではコース側も開放してくれ、雨が上がった練習グリーンには、黙々と練習をする選手たちの姿が印象に残った。